東北地方において「阿倶羅様(アグラサマ)」と呼ばれ、崇拝されてきた農耕の神。
農作物に生命を与え、それらを食べた人々の感謝の心をエネルギー源として生き続けてきた。
しかし現代においては人々が感謝の心を忘れ、毎日大量の食べ物が廃棄されるようになったため、恵みの神は怒れる怪獣となって姿を現したのだ。

日本で最も神聖な農作物である「稲穂」の姿をしている。
全身に田んぼとあぜ道のような模様がある。
口から霧状の液体を吐く。液体に触れるとあらゆるものが栄養分豊富な有機質肥料と化してしまう。
背中から尻尾をおおう稲穂には一粒ごとに大量の米がつまっている。うかつに攻撃すると、稲穂が割れて米が散らばってしまうため、食べ物を大切にする者にとっては、攻撃は非常に耐え難く感じられる。

もともと霊的なエネルギー生命体(神)であるため、けっして倒すことはできない。
人々が食べ物を粗末にするかぎり、何度でも現れるのだ!

怪獣デザイン

今回の怪獣は、日本特撮史上初の「農耕」をつかさどる怪獣です。
誰も考えたことのない怪獣なので、いつか必ず形にしたいと思い続けていました。
他のデザイン案としては「尻尾の先端が牛や馬につける犂(すき)のような形状になっていて、移動するたびに地面を耕す怪獣」とか、いろいろな候補があったのですが、どれも今ひとつ決定打に欠けるという感じで、何年もネタ帳にしまいっ放しだったのです。
稲穂をモチーフにしようと決めて実際に作業を始めてからも、ごらんのデザインに落ち着くまでに、怪獣伯爵夫人(妻)から3回ものダメ出しをもらい、ようやく農業の神様らしい形にまとまりました。今回も妻には感謝!感謝!です。

ネーミングは「農耕」を表す「agriculture(アグリカルチャー)」より。

(公開日:2017/05/04)