太平洋の深海に潜んでいた巨大怪魚。
長年にわたり海底ケーブルから発生する電磁界 (EMF)に曝露し、深海のアンコウが突然変異を起こしたのだ。
エネルギー源は海底ケーブルを流れる高圧電流。ケーブルにかじりつき、電気を吸収する。

脚のように変化した頑丈な腹びれで海底を直立二足歩行する。
あまり泳ぎは得意ではない。
頭部の突起は常時発光し、危険を感じると電磁ビームを発射する。
また、体色を周囲に同化させることもできる。

短時間なら陸上でも活動可能。ただし二足では体重を支えきれないため、四足歩行になる。

怪獣デザイン

今回の怪獣は、海底を胸びれと腹びれを使って器用に歩き回るカエルアンコウという魚がモチーフとなっていますが、初めはそんな意図はなく、カプセル怪獣ミクラスのような頭でっかちでツノの生えた怪獣を描いていました。

しかしあまりパッとせず、我が家の怪獣アドバイザーである妻(怪獣伯爵夫人)の意見を取り入れて、いろいろ修正を加えていくうちに、偶然アンコウに似た怪獣になっていったのです。

アンコウの怪獣といえば、ウルトラマン80の巨大怪魚アンゴーラスがまっ先に思い浮かびますが、あちらは申し訳ないけど怪獣というよりただの巨大なアンコウ。

対してこちらはもともと別の怪獣のつもりで描いていたので、その名残であるツノや牙が、ちょうどよいアクセントになっているかと思います。

今回はデザイン、色づかい、ネーミング、すべてにおいて妻の感性を頼りに仕上げたようなもの。
ありがとう、妻!!

(公開日:2017/03/29)