月遅れの8月7日、仙台七夕まつりの夜に、仙台市の中心部・定禅寺通りより出現した怪獣。

用心深い性質で、自ら攻撃を仕掛けることはない。
しかし、外敵から過剰な攻撃を受けると、性質が一変し頭部の巨大な角を振り回して反撃を始める。
電磁力を自在に操り、角から100万ワットの放電攻撃と、強大な磁場を発生させて電子機器を使用不能に陥れる。

この怪獣が初めて現れたのは慶長年間(17世紀初め頃)。
当時はまだ体長が数メートルだったため、時の藩主・伊達政宗に退治されたのだ。
政宗公は六芒星の形に神社を配置し、怪獣をその中心に封印した(註1)。
(政宗公の特徴的な甲冑は、実はこの怪獣からパワーを得るために作られたのだ)
だが、人心と政治の乱れによって封印が解け、再び怪獣がさらなる成長をとげ出現したのだ。

政宗公の魂が宿った怪獣が、おごれる人類に鉄槌を下す!!

怪獣デザイン

 

今回の怪獣は、前述のとおり政宗公の特徴的な甲冑から着想を得たものです。
政宗公の甲冑をモデルにした怪獣といえばゴモラが有名ですが、ゴモラとは同じになってしまわないように、普段は角を下向きにし、戦いの時だけ角を上向きに回転するようにしています。

ネーミングは鼻先の角を表すケラト(cerat)と頭部の大きな角を表すホーン(horn)を組み合わせて考えました。

参考記事

(註1)仙台の街に巨大な星が浮かび上がる!?仙台を守る6つのパワースポット!(アクセス:2016/07/31)

(公開日:2016/07/31)