この怪獣は、徳間書店ハイパーホビー100号突破記念企画「怪獣デザイン祭」におきまして、第3位を受賞したものです。海底に生息する軟体生物(ぬめぬめした質感のウミウシ類)がモチーフの怪獣です。斜め前から見ると翼と尻尾に見える部分は、後ろから見るとデンドロビウム(洋ランの一種)の花の形になっています。花びらにあたる部分は妻(怪獣伯爵夫人)のアイデアで、海底の真珠貝をイメージしたパール色にしました。発想のヒントは秋田書店の「世界の怪獣」に登場する宇宙怪獣ゲークラです。着ぐるみには2人の人間が背中合わせに入ります。ネーミングは流氷の天使と呼ばれる「クリオネ」から。怪獣史上初の、海底のメタンハイドレートを食べる怪獣です。

怪獣デザイン

(公開日:2008/10/12)