「人間どもよ、よく聞け!」
不気味な声が、テレパシーで世界中の人々の心に語りかけた。
それは、地中海で1万年の眠りから目覚めた伝説怪獣ジャリラーの声だ。
「今日からこの地球は私が支配する。わかったか!」
ジャリラーは、何百万年も生き続け、人類を遥かに超える高い知能と超能力を身に付けた究極の生物だ。
そして、有史以前の人類の発展を阻み、地球を支配してきた怪獣の王なのだ。
眠りから目覚めたジャリラーは、人類の急速な進歩に驚き、地底や海底で眠る怪獣たちを次々に目覚めさせ、人類に戦いを挑んできた。

世界中で、怪獣たちが大暴れを始めた!
危うし人類! 人類はその文明とともに滅び去ってしまうのだろうか!

怪獣デザイン

伝説怪獣ジャリラー8つの秘密

① 世界中の怪獣を自在に操る。

② 単眼から破壊光線を発する。

③ 単眼は人間の心を見透し、テレパシーによって人間の心に直接語りかける。

④ 強力な念動力で嵐を引き起こす。

⑤ 全身にバリアーが張り巡らされている。核兵器ですらそれを破ることは不可能だ。

⑥ 瞬間移動によって、世界中のあらゆる場所に現れる。

⑦ 10万年に一度、1万年の眠りに就く。

⑧ 単眼ゆえに立体視ができないが、「二つの口」から発する超音波の反響定位によって、周囲360度を立体的に捉えることができる。(音波の伝わらない宇宙空間では、この能力が使えないのが弱点だ! また音波をかき乱すコウモリの大群も苦手

「一つ目怪獣」について

今回の怪獣は、私が小2の時に考えたものです。

「一つ目怪獣」といえば、怪獣の定番でもあり、「マグマ大使」の幻怪獣バルザスを皮切りに、「仮面の忍者赤影」のとかげ忍獣じじごら、「新・世界の怪獣」の宇宙怪獣バグン、「ウルトラマンA」の暗黒超獣ブラックサタン等、初期のウルトラシリーズを除けば、各シリーズに、必ず一体は登場していると言っても過言ではないほどです(註1)。

その不思議な魅力(怖さ)は、単眼であるために目頭と目尻の区別がなく、笑っているのか、怒っているのか、泣いているのか、感情が全く読み取れないところにあると思います。

ジャリラーと他の一つ目怪獣たちとの一番の違いは、「口が二つある」ということです。
「口が二つ」というのは、おそらく幼い頃の私が「ウルトラセブン」のパンドンの影響を受けて考えたものだと思うのですが、本来、眼と口は三角形に配置されているものですから、じじごらやブラックサタンのように一つの眼と一つの口が縦に一直線に並ぶよりも、こちらの方が普遍的な美しさがあると思います。
また、単眼ゆえに立体視ができないという弱点を持ち、それを補うために二つの口から超音波を発して周囲を立体的に捉えるという能力を持つ点も、今までの一つ目怪獣には見られなかった特徴の一つです。

(註1)

他にも一つ目怪獣の例を挙げると、
「ジャイアントロボ」の悪魔の眼ガンモンス
「スペクトルマン」の吸血怪獣バグラー
「ミラーマン」の植物怪獣ビッグアイ
「ウルトラマンレオ」の宇宙悪霊アクマニヤ星人
「ウルトラマンダイナ」の幽霊船怪獣ゾンバイユ
「ウルトラマンガイア」の奇獣ガンQ、破滅魔虫カイザードビシ
「ウルトラマンマックス」の宇宙化猫タマ・ミケ・クロ…等。

これに等身大の怪人も加えれば、
「仮面ライダー」の人食い花ドクダリアン
「仮面ライダーストロンガー」の一ツ目タイタン
「キカイダー01」のシャドウナイト…等。
実に数多くの「一つ目怪獣」「一つ目怪人」が存在するのに驚かされます!

さらに現在開催中のロンドンオリンピックの公式マスコットであるウェンロックとマンデヴィルも一つ目です。

(公開日:2012/07/31)