アンデス山中に生息する猛禽類の怪獣。
古来、アンデスの民族から神と崇められてきた。

巨大な翼で上昇気流をとらえ、ほとんど羽ばたくことなく亜音速で空を飛ぶ。

一番の特徴は、翼の両端に位置するオレンジ色に輝く巨大な両眼だ。

両眼から1万度のプラズマジェットビームを発し、鋼鉄でさえもバターのように一瞬で切断する。
ただし鳥の怪獣であるため、眼窩の中に強膜輪(きょうまくりん)という円状の薄い骨があり、眼球はほとんど動かすことができない。
そのため両眼から発するジェットビームを一点に収束するには、翼を動かして照準を合わせる必要があるのだ。

また、翼を広げれば両眼の間隔は50メートルにも達するため、暗闇では非常に巨大な生物であると錯覚され、威嚇効果を生む。

鋭い鉤爪も強力な武器だ。
1万トンの握力で、あらゆるものを引き裂き握りつぶす。

キングエイビスに狙われたらどんな凶暴な怪獣でも逃れることはできないのだ!

怪獣デザイン

今回の怪獣は、当・怪獣デザイン館の伝説怪獣ジャリラー水生怪獣タガメーダと同様に、今から45年前、私が小2の時に考えた怪獣です。「帰ってきたウルトラマン」と同じ時代に生まれた怪獣なのです。

発想の元になっているものは、実は鳥ではなくトンボとモンシロチョウ。
トンボの翅には縁紋(えんもん)と呼ばれる黒い点が、モンシロチョウの翅にも黒い斑点があります。
少年時代、私はこれがトンボやチョウの第2の目ではないかと思っていました。
そこで、ワシやタカなど猛禽類の翼にも目をつけてみたらこんな怪獣ができあがったのです。

デザイン上、尻尾はない方が見栄えがいいと思ったので、尻尾は省きました。
ジュラ紀の翼竜にも、尻尾の非常に短いプテロダクティルスというものがいるので、尻尾はなくてもきっと飛べるに違いありません。

ネーミングはラテン語で鳥を意味する「avis」より。

(公開日:2016/10/05)