石川県金沢市より出現。毛髪(特に長い黒髪)が大好物の怪獣。

長髪の怪獣を見つけると襲いかかり、両手のハサミで獲物の毛髪をバッサバッサとカットして食べてしまう。毛髪に含まれるケラチナタンパク質を栄養分として生きているのだ。
全身が弾力のある白いキューティクルで覆われ、衝撃を吸収する。

両手のハサミを封じられても頭部のハサミが第三のハサミとなる。
ハサミは毛髪を刈り取る道具なので、相手を傷つけるための武器ではない。
頭部のランプから毛生え光線(ビーム)を発射する。

今回は、キャラクター設定からデザインまで、すべてうちの妻が考えた怪獣です。
もちろん命名も妻で、そのまま「切るぞ」です。すべて妻の閃きで決まりました。
怪獣の色や形はもちろん、構図までも、妻が「こうだ」と言って獲物を狙う表情とポーズを実演して見せてくれたものを、言われるままに描きました。ご覧の通り髪切りバサミをモチーフとした怪獣です。
髪切り妖怪」というのはすでに存在しますが「髪切り怪獣」というのは初めてなので、これは凄く斬新なアイディアで面白い怪獣だと思い、描き上げました。

両手のハサミと頭のハサミ、影絵にしても即座にわかるシンプルで印象的なライン、子供にでも描ける(記憶に残りやすい)素晴らしい怪獣だと思います。100%妻のアイディアを絵にするのは勉強になりました。今までの私の怪獣にはなかった乳白色の肌には、柔らかそうな温もりがあって、もしもフィギュアになったら手触りまでも想像できそうです。いつも見ていたいと思えるような怪獣が出来上がりました!

怪獣デザイン

(公開日:2009/03/31)