怪獣伯爵の怪獣デザイン館は、空想特撮怪獣の復活をめざし、全世界にオリジナルデザインの怪獣を発信し続けます。

怪獣写真館

  • HOME »
  • 怪獣写真館

怪獣伯爵夫人の母が亡くなりました(2018年1月)

怪獣伯爵夫人(妻)の母が、昨年12月17日、いつものように妻に仙骨の床ずれの手当てをしてもらっている間に亡くなりました。88歳でした。

救急車で病院へ運ばれ心臓マッサージを受けましたが、医師からは心肺停止状態と言われました。しかし妻は最後まで希望を捨てず、30分ほど自らの手で心臓マッサージを行いました。母が目を覚ますことはありませんでしたが、その顔は嬉しそうな表情をしているように見えました。
私はそんな二人の姿にとても感動しました。

妻は去年の1月頃から毎日5~6時間かけて母の床ずれの手当てをしていましたが、その甲斐あって、徐々に傷もだいぶよくなってきて、手当てにかかる時間も2~3時間くらいに短縮されてきていました。
お風呂も部屋で入れられる簡易浴槽に替え、だいぶ慣れてきていました。
今まで妻が口まで運んで食べさせていた母が、11月頃にはテーブルに置いてあるジュースや味噌汁に自分から手を伸ばし飲んだ日もあり、2年後に介護認定調査員が面談に来た時にはそう言おうと思っていたぐらいです。

また妻は毎日、母のためにすべての食べ物を細かくし柔らかく料理し、食べさせてたりと、本当によく母の介護をしていました。

12月16日の晩には38度6分の熱を出しましたが、妻が発熱に効く薬を飲ませて翌朝には37度5分まで下がったので、その翌日には医者に診せようと思っていた矢先の出来事でした。

本当にあっけない出来事でしたが、母はいつものように妻の手当てを受けながら、安心しきって静かに息を引きとったように私には見えました。

もっと一緒にいられると思っていたのに、こんなに早く亡くなるとは信じられません。妻はもっとこれからもいろいろしてあげたいと思っていました。とても悔やまれます。

喉のとおりが悪くなっていたので食道系の医者に診せようとか、暖かくなったら車椅子で散歩や食事に連れて行ったり、1月には3人で引越しをし、いつでも母から妻が見えるような部屋にして、もっともっと幸せにしたいと妻は思っていました。

医者は、高齢者だからこんなものだろうと思わずに、患者を診てその時に患者にすべき必要なことをしなければいけないと思います。母の食事や飲料を管理してる妻の話を聞くべきでした。
家に来ていた訪問医は点滴が苦手で、5回針刺しに失敗し、持ってきた針がもうないから今日は点滴ができないと、しないで帰ったこともあります。
妻は訪問医から聞いた一日に必要な摂取量を毎日飲ませていましたが、吸収していないこともあるので、脱水の症状があると分かっていたのなら、その場で処置をしてほしかったです。訪問医療の甘いところです。訪問医に限らず言えることです。

世界一大切で世界一愛する母を亡くし、妻は本当に悲しんでいます。

本当に優しく素敵な母で、心から尊敬できる人でした。
私は別として、家族の中で、妻のピアノ演奏を店に聴きに来てくれて応援してくれる唯一の人でした。

葬儀では妻が喪主を務めあげ、弔辞も感動的かつ立派に読み上げました。

最後までこんなに手厚く親を世話することなど、なかなかできることじゃないと思います。私はこんな妻を誇りに思います。

妻は今でも毎日、朝昼晩とお供えのご飯を作り、祭壇に向かって手を合わせ話しかけています。

どうか皆様も母の冥福をお祈りください。

身内で葬儀を行いました。

怪獣伯爵夫人の演奏を聴きに来てくれた時のとても素敵な笑顔です。

美しい母でした!

7年前に同居を始める前、元気な頃は毎日歩いて我が家にご飯を食べに来ていました。帽子がよく似合います。若い頃は油絵を描いていました。

かけがえのない母です。

世田谷文学館(2017/05/04)

怪獣伯爵夫人 怪獣デザイン 世田谷文学館

怪獣伯爵 怪獣デザイン 世田谷文学館

世田谷文学館 喫茶どんぐりで、怪獣伯爵夫人(妻)の誕生会をしました。

慢性腎臓病だった妻の母も、妻の毎日の献身的な看病を受け、腎臓の状態がよくなってきました。
世間の人たちは簡単に訪問介護士、訪問看護師や施設を利用すればいいと思うかもしれませんが、実際には妻のように、大切な親を自分の手で世話したいと思う人も大勢いて、どんな介護士よりも、24時間世話をして一番親の状態を知っている子供の介護や手当てに勝るものはないのです。
しかしそれは、たくさんの時間と自分の人生を犠牲にすることであり、もっと社会が介護している家族に対するケアにも力を注ぐべきだと思います!
本来家庭とはくつろげるはずの空間なのですが、医療関係者や介護職の人たちに「ドヤ顔」で入って来られると妻はイヤなのです。(妻は毎日4時間もかけて母の床ずれの手当てをし、1日3食ご飯を食べさせています)

窓辺には実際の映画で使用されたミレゴジの着ぐるみが。
ゴジラもみんなの健康と幸せを願っています。

シン・ゴジラ(TOHOシネマズ 2016/07/29)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

始めは目がまん丸で、「アレッ? 可愛いのが出てきたな」と思いました。
ゴジラが街を行く姿は神々しく美しかったです。
実際にゴジラが現れたら日本は滅んでしまいますが、倒されてゆく姿は可哀想でした。

ゴジラよりも政治家の方がずいぶん目立ちすぎだと思いました。
もっとゴジラ(怪獣)に焦点をあてた方がよかったです。
テロップが多すぎて読み切れずに、途中から諦めてマンゴーカルピスばかり飲んでいました。
(怪獣伯爵夫人)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵

全編、政府関係者がゴジラ対策に追われます。
彼らの目的はただ一つ、ゴジラの「駆除」であり、そこに山根博士(ゴジラ)や林田教授(ゴジラ1984)のような生物学者が入り込む余地はありません。
ゴジラの出自や生態に言及されるシーンも大変短く、その点が、私のように「ウルトラ怪獣」で育った怪獣世代には物足りなく感じられるかもしれません。
ゴジラと自衛隊の戦闘シーンは圧巻でしたが、「怪獣映画」というよりも「ポリティカルな災害映画」という印象を受けました。
ただし私の好きな「ゴジラ1984」を意識したと思われるセリフや展開が随所に見られ、嬉しくなりました。(怪獣伯爵)

Jazz Barでピアノを弾く怪獣伯爵夫人(2016年 春)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

ピアノ演奏の時はこんな感じです。(怪獣伯爵夫人)

〈M1号〉エキジビション「西村祐次の塗装宇宙」展(TOKYO CULTUART by BEAMS 2009/08/22)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵

当日の主役、M1号代表の西村祐次さん(右)と並んで。
西村さんは、ハイパーホビー怪獣デザイン祭で、私の怪獣・深海怪獣グリオンを推薦して下さった恩人です。「あなたの怪獣が一番よかったよ」 との嬉しいお言葉をいただきました。(怪獣伯爵)

西村さんはとても若々しく気さくな方でした。来客が多い中、快く撮影に応じて下さいました。
(怪獣伯爵夫人)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

輪投げゲームの参加賞としていただいたミニ・ヘドラ。
これも一体一体が西村さんの手塗りです!
しかも蓄光です!(怪獣伯爵夫人)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵

会場内は100体ヘドラを除き撮影禁止なので、入り口のイラストの前で。
妻に「ブースカに似てる」と言われました(笑)(怪獣伯爵)

テレ遊びパフォー!サマーフェスティバル2008(SHIBUYA-AX 2008/08/15)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

夫婦怪獣フローレ&フローラと怪獣伯爵夫人。
フローレ&フローラは女性にも大好評。

怪獣デザイン

番組でも紹介された火山怪獣ボルケラー。

不滅のヒーローウルトラマン展(世田谷文学館 2006/09/07)

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

DASH作戦室にて。(怪獣伯爵夫人)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

作者:怪獣伯爵

「徳間書店ハイパーホビー怪獣デザイン祭」にて深海怪獣グリオンが第3位を、「能美市オリジナル怪獣デザインコンテスト」にて古代神獣センビオウが優秀賞を受賞しました。妻(怪獣伯爵夫人)とともに怪獣を創っています。
ご意見・ご感想など、Twitterにもお気軽にコメントください!

詳しいプロフィールはこちら

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 怪獣伯爵の怪獣デザイン館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.