怪獣伯爵の怪獣デザイン館は、空想特撮怪獣の復活をめざし、全世界にオリジナルデザインの怪獣を発信し続けます。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

はじめまして、怪獣伯爵と申します。妻(怪獣伯爵夫人)の助けを借り、現在までに多くのオリジナル怪獣デザイン画を描きためてまいりました。

「これは!」と思う怪獣がありましたら、どうぞお声をおかけください!

怪獣伯爵

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵

本名・島貫文俊。1963年、怪獣界の有名人を数多く輩出した福島県に生まれる。

成城大学 文芸学部 芸術学科 卒業。

子供の頃から絵が得意で怪獣が大好き。好きな怪獣はペギラ。

高校時代はラジオの深夜放送にのめり込み、ニッポン放送「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」で約200枚のハガキが採用される。大学時代は放送作家を志し、同番組の他、ニッポン放送「三宅裕司のヤングパラダイス」などで構成の見習いをするが、あまりにも高いプロの壁に行く手を阻まれる。

大学卒業後は、朝日新聞の求人広告でたまたま見つけたイラストのアルバイトで、当時の総理大臣候補・竹下登氏を題材にした風刺漫画「世直しテレカ」のアシスタントをする。竹下氏の自宅周辺で宣伝用のビラ数十枚を電柱に貼り付けたことから、軽犯罪法違反の容疑で現行犯逮捕され、北沢警察署において一か月間にわたる取り調べと、自宅の家宅捜索を受ける(書類送検されるも不起訴)。ちなみに当時は、事件の経緯が連日のようにテレビや新聞、写真週刊誌などで報道されたため、全国的な話題となった。

これをきっかけに本格的にイラストレーターの道を歩み始め、デザイン会社勤務を経て独立。マニュアルイラスト、テクニカルイラスト、実用書イラストなどの制作に従事。

2008年に「徳間書店ハイパーホビー怪獣デザイン祭」において深海怪獣グリオンが第3位を、2012年には「能美市オリジナル怪獣デザインコンテスト」において古代神獣センビオウが優秀賞を受賞。

世界一の愛妻家を自認している。怪獣を芸術として捉える妻の意見を聞きながら、日夜怪獣を考え、描き続けている。

目標は歴史に残る怪獣を考えることだ!

怪獣伯爵夫人

怪獣伯爵の怪獣デザイン館 怪獣伯爵夫人

東京都生まれ。筆者の妻で「スタジオ怪獣伯爵夫人」代表。

「能美市オリジナル怪獣デザインコンテスト」の受賞作「古代神獣センビオウ」の名付け親。様式化された昭和の特撮シリーズに囚われがちな筆者のアイディアを、現役アーティストとしての洗練された芸術的な観点から、現代的な方向へと導いてくれる、大変貴重で欠かせない存在。

どの道においてもカリスマ性を発揮する天賦の才の持ち主だ!

女性でありながら怪獣(デザイン、ネーミング、設定など)に対する鋭い閃きを持ち、子供のように純粋な感性で、私にアドバイスを授ける。

短大の1年時において学年2番の成績を修め、日立御三家の一流企業に学推を受け就職。その後、安定した道を蹴って天職(音楽)の道へと進む。

現在も音楽関係の仕事に従事。ホテルのラウンジ、レストラン、カフェなどでピアノ演奏の仕事を多数経験。ジャズバーやライブハウスなどにも出演。ジャズピアノを弾く。

不屈の精神で世を生き抜き、現役で活動中。

またイラストレーターの経験もあり、怪獣デザインにおいても、その美的センスは筆者に多大な影響を与える。

若い頃は、ミノルタカメラのCMの宮崎美子、アイドル時代の石野真子、女優の叶和貴子に似ていると言われていた。

普段はとてもお茶目でユニークな女性だが、当デザイン館においては威厳のある存在だ。ただし家の中では可愛がられる毎日を送る。妻曰く「怪獣に例えるなら、モスラ幼虫、ガヴァドンA、クプクプでしょうか。夫に怪獣の世界に引き込まれました

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

作者:怪獣伯爵

「徳間書店ハイパーホビー怪獣デザイン祭」にて深海怪獣グリオンが第3位を、「能美市オリジナル怪獣デザインコンテスト」にて古代神獣センビオウが優秀賞を受賞しました。妻(怪獣伯爵夫人)とともに怪獣を創っています。

詳しいプロフィールはこちら

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 怪獣伯爵の怪獣デザイン館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.