世界で一番危険な仕事といわれる極寒のベーリング海のカニ漁で、命を落とした漁師たちの怨念が生み出した怪獣。

冬になると現れ、ベーリング海を航行する漁船を襲い、巨大なハサミで真っ二つにする。
海に落ちた漁師たちを餌食とし、犠牲になった漁師たちの魂もまた怪獣の一部となる。
一攫千金の夢敗れ、極寒の海で死んでいった漁師たちの魂が怪獣となって道連れを求めているのだ。

両手のハサミの握力は200万トンを軽く超え、あらゆるものを挟んでねじ切ってしまう。
全身が鋼鉄のような外皮で覆われているため、どんな攻撃もよせつけない。

怪獣デザイン

今回はカニがモチーフの怪獣です。
頭部のハサミに一番に視線を集中させたいと考え、余計なデザインは一切排しました。
ウルトラマンオーブ 第22話「地図にないカフェ」より、かのブラック司令の台詞にもあるとおり「シンプル・イズ・ザ・ベスト。最近の怪獣はごちゃごちゃしてていかん」です(笑)。

(公開日:2018/11/14)