北海怪獣ガニメデ

世界で一番危険な仕事といわれる極寒のベーリング海のカニ漁で、命を落とした漁師たちの怨念が生み出した怪獣。

冬になると現れ、ベーリング海を航行する漁船を襲い、巨大なハサミで真っ二つにする。
海に落ちた漁師たちを餌食とし、犠牲になった漁師たちの魂もまた怪獣の一部となる。
一攫千金の夢敗れ、極寒の海で死んでいった漁師たちの魂が怪獣となって道連れを求めているのだ。

両手のハサミの握力は200万トンを軽く超え、あらゆるものを挟んでねじ切ってしまう。
全身が鋼鉄のような外皮で覆われているため、どんな攻撃もよせつけない。

怪獣デザイン

今回はカニがモチーフの怪獣です。
頭部のハサミに一番に視線を集中させたいと考え、余計なデザインは一切排しました。
ウルトラマンオーブ 第22話「地図にないカフェ」より、かのブラック司令の台詞にもあるとおり「シンプル・イズ・ザ・ベスト。最近の怪獣はごちゃごちゃしてていかん」です(笑)。

(公開日:2018/11/14)

    北海怪獣ガニメデ” に対して2件のコメントがあります。

    1. 盛綱 より:

      こんばんは。 ツイッターまでゴヒイキにして頂いて有難う御座います。

      それにしても見事な カニづくし ですね(笑)。
      まさか耳も足も尻尾もカニ足とは凄い発想で驚きました。
      色合いが非常に綺麗で,怨念で動く怪獣とは思えない美しさです。

      いつも色々と刺激を受けています。また宜しくお願いします。

      1. 怪獣伯爵 より:

        ありがとうございます。
        こちらこそ盛綱様の多作ぶりには驚かされています。
        今回はカニのハサミの要素以外すべてを削ぎ落とした怪獣です。
        本当はもっと早くアップする予定だったのですが、デザインを試行錯誤しているうちにカニ漁のシーズンになってしまったので、それにちなんだ物語を考えました。
        怪獣の出現理由を考えるのは本当に難しいですね。
        私は怪獣伯爵夫人(妻)が子供の頃にたくさんの伝記を読んで自分も偉人になりたいと常に向上心を持って努力し続けている姿に触発されて怪獣を考えています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA