怪獣デザイン

「怪獣だ! 怪獣が出たぞーっ!」
ここは、東北地方の温泉街にある特別養護老人ホーム。
深夜であるにもかかわらず、近所中に響き渡る怒鳴り声を上げる男がいた。
その男とは通称「怪獣じいさん」。ことあるごとに怪獣が出たと騒ぎ立てては、周囲の人間を困らせてばかりいる80才の老人だ。元は温厚な中学教師だったが、30年前に赴任先の学校で怪獣の襲撃に遭い、教え子を失って以来、様子が一変したのだ。今や家族からも見放され、施設で孤独な生活を送っていた。

老人の言うことを信じる者は誰もいなかったが、老人が騒ぎを起こす時には、不思議なことにきまって温泉の温度が上昇し水位が低下することがわかった。何かが地底に潜み地下水の水路を圧縮しているのだろうか。温泉の異常が頻発し、専門家が調査に乗り出したその時‥‥

大きな地震とともに地割れが起こり、地割れの中から本当に怪獣が現れたのだ。
それは、まるで人間の老人のような白髪とあごひげを生やした不気味な怪獣だ!
老人の言う通り、怪獣は本当に存在したのだ。あるいは、虐げられた老人の怨念が、怪獣となって現れたのだろうか。

カッカッカッカッカッ! カッカッカッカッカッ!
怪獣は、時代劇に出てくるご老公のような笑い声を上げながら、辺り一帯を破壊し始めた!

口から不思議なガスを吐いて暴れる怪獣を、施設の窓から食い入るように見つめる老人の脳裏に、30年前の光景がよみがえってきた。
「あの時、オレは生徒を置いて逃げ出した。今度こそは、今度こそは、みんなの命を守らんと!」
老人の眼に再び光が灯り、顔つきが変わった! 老人は、逃げ遅れた人々を助けるために、部屋から飛び出していった!

お年寄りが、わけのわからないことを言っているからといって、頭ごなしに否定しないでください。そこにはきっと何か、真実が隠されているかもしれないのです。

翁(おきな)怪獣ガシラとは

翁怪獣ガシラは孤独な老人の心が造り出した怪獣なのか、あるいは老人とは無関係に存在していて、本当に老人には怪獣を察知する能力があったのか、それは誰にもわからない。
能面の翁のような面差しに白髪と白ひげをたくわえた姿は、さながら人間の老人そのものだ。
口から不思議なガスを吐く。このガスを認知症の老人が吸い込むと、脳の機能が正常化し、その後一生にわたり病気の発症が抑えられるという不思議な効果がある。
人間の老人とそうでない者とを見分ける高い知能を持ち、共感を感じるためか老人には決して手を出さない。

怪獣デザイン

(公開日:2012/08/31)