生存に適した環境を求めて地中を移動する植物怪獣。
幼体は先端のつぼみをドリルのように回転させ、地中を掘り進む。

nerosa-larva

寒冷な気候を好み、冬が来ると地上に芽を出し大きく成長する。
十分に成長すると、根土(ねつち/根のまわりの土)で動物のような体を形作り、地上を移動することもできる。
根の中に光受容体(ロドプシン)が存在し、「眼」としての機能を果たす。
巨大な赤い花を咲かせ、冷気とともに白い花粉を雪のようにまき散らし、周囲を凍結させる。
再生力が強く、根の一部からでも完全な植物体へと再生できるため、倒すのは非常に困難な怪獣だ!

今回は怪獣史上初、地中を移動する「地底植物」の怪獣です。
また、今までの植物怪獣といえば、そのほとんどが、草花の土から上の部分だけを怪獣化したものばかりでしたが、ネローザは根っこの部分を強調している点が一番の特徴です。
ただし「MM9」に登場する怪獣5号・メガドレイクも根っこを強調したデザインではありますが、メガドレイクとネローザの一番の違いは、ネローザは根っこに土の塊がくっついて、体を形作っている点です。ホームセンター等で、ポリポットに入った植物の苗を買ってくると、根っこに土がくっついていますが、そこから発想しました。

nerosa

(公開日:2012/01/27)